相談しにくい「遺品整理・福祉整理・特殊清掃・ゴミ屋敷」に関するお悩み、私たち「ユニコム」にお任せください!

フリーダイヤルでのお問い合わせ 0120-960-910

名古屋で孤独死

名古屋市中川区五女子二の木造アパートの一室で7月22日夜、一人暮らしの男性(65)が遺体で発見された。

死因は病死で、発見当時すでに死後10日ほど経過していた。遺体発見までの間、男性方の玄関ドアが開いたままになっているなどの異変があったのにも関わらず、普段の疎遠さから誰も声を掛けたかった。

 

名古屋市でも4月から、高齢者の見守り活動で新聞販売店と連携するなど独居高齢者対策を強化していたが、現状は手が回っていない。

市非常勤相談員一人当たりが受持つ見守り対象世帯は平均2000世帯、生活保護受給世帯のケースワーカーの受持つ世帯は107世帯だとしており、国の定める標準世帯より上回っている状態である。

 

孤独死防止のために高齢者見守り活動強化など策を講じていますが、見守り対象者と市の担当者のバランスがまったく取れていないのが、問題の一つでこれからの課題であると感じています。近所付き合いの希薄さなども問題視されていますが、時代の流れとともに人付き合いも変わっていくのは仕方のないことです。

超高齢化社会を迎える日本にとっては、孤独死の発生率は増える一方だと考えます。市の見守り活動では、新聞販売店や電気・ガス・水道業者などが主な連携先となっていますが、もっと多くの事業者が見守り活動に参加できるようになれば良いと注目しています。

 

http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20130816/CK2013081602000053.html

無料お見積もり、ご相談はお電話からでも承ります。
遺品整理、福祉整理、特殊清掃で分からないことを丁寧にアドバイス致します。

ウェブからのお問い合わせ