相談しにくい「遺品整理・福祉整理・特殊清掃・ゴミ屋敷」に関するお悩み、私たち「ユニコム」にお任せください!

フリーダイヤルでのお問い合わせ 0120-960-910

福岡 孤独死が起こった部屋の現状

先日、管理会社からの孤独死による特殊清掃の依頼で、孤独死があった賃貸物件の現状を知ることが出来ました。

一旦、孤独死が起こった現場は半年は客付けできないということです。その理由は、部屋に染みついた臭いが原因です。

 

この時期の孤独死の現場は、発見の早遅に関わらず強烈な腐乱臭死臭が部屋に充満しています。

その臭いは、畳やフローリングを通り越して基礎部分のコンクリートや、壁紙やカーテンなど部屋全体に染みついてしまいます。

目に見えるところだけを綺麗にしても、絶対に臭いだけは取ることはできません。

 

ユニコムで使用している、最新型のプラズマオゾン脱臭機のオゾン発生量は通常の機器の約10倍です。

消臭のプロとして、どんなに臭いがひどい現場でも24時間対応いたしております。

 

半年間客付けできな空室状態の部屋を、短期間で原状回復できるよう全力で消臭消毒に取り組んでおりますので、ぜひご相談下さい。

無料お見積もり、ご相談はお電話からでも承ります。
遺品整理、福祉整理、特殊清掃で分からないことを丁寧にアドバイス致します。

ウェブからのお問い合わせ