相談しにくい「遺品整理・福祉整理・特殊清掃・ゴミ屋敷」に関するお悩み、私たち「ユニコム」にお任せください!

フリーダイヤルでのお問い合わせ 0120-960-910

ゴミ屋敷!!になってしまうNG行動

先日、きれいな女性芸能人が実はゴミ屋敷に住んでいるという衝撃的なカミングアウトをテレビで見ました。

掃除機をかけるのはめったにない、ゴミ捨て場までゴミを持っていくのがめんどくさい・・・などいろんな理由があるようです。

典型的な片付けられない人ですね。一体どうして家の中が人に見せられない状態になってしまうのでしょうか。

 

そこで今回は、ゴミ屋敷になってしまう?!NG行動をご紹介します。

 

●衝動買いをしてしまう

ゴミ屋敷と言えば、家の中がモノであふれかえっている状態ですが、衝動買いの癖があるとモノがどんどん増えてゴミ屋敷化が進んでしまいます。

実は、ゴミ屋敷の中で”収納グッズ”や”お掃除グッズ”が出てくるケースが少なくはないのです。お店でお掃除グッズを見つけて「これできれいにできる」と衝動買いしたものの、結局使いこなせずに”ゴミ”が増える・・・という本末転倒なことになってしまうというわけです。

●モノが捨てられない

セールで買ったけど1度も着ていない洋服、学生時代の資格試験や語学テキストや流行りの通販グッズの数々・・・「そのうち使うかもしれない」「捨てるなんてもったいない」と思う”捨てられない病”こそがゴミ屋敷を生んでしまう元凶です。

●先延ばし ・後回しにしてしまう

仕事から帰ると服を脱ぎ散らかして「疲れてるから片付けはあとでいいや」

風呂場のカビを発見したけど「そのうちカビ取りしないとなぁ」

うっかり台所で塩コショウをぶちまけてしまったけど「食事が終わってからでいいや」

このように先延ばしや後回しにしてしまう癖があると、家の中は散らかる一方、汚れる一方です。

 

ユニコムでは、人には言えないお部屋の悩みも、周りの人に知られずに解決いたします。ぜひご相談ください。

 

 

無料お見積もり、ご相談はお電話からでも承ります。
遺品整理、福祉整理、特殊清掃で分からないことを丁寧にアドバイス致します。

ウェブからのお問い合わせ