相談しにくい「遺品整理・福祉整理・特殊清掃・ゴミ屋敷」に関するお悩み、私たち「ユニコム」にお任せください!

フリーダイヤルでのお問い合わせ 0120-960-910

【「死臭」】に関する現代科学者の研究

死臭(死のニオイ)は、400種類以上の揮発性有機物が複雑に混ざり合ったものだといわれているがまだ正確には判明していない。ただしそれは思わず吐き気を催すような鼻をつく悪臭であることは確かだ。そしてそれこそが科学者が探し求めている死のニオイなのである。死はあらゆる生き物のもとを訪れる。だが、そのあとの腐敗のプロセスははるかに込み入っており、人間の死体の臭いと、鳥や豚をはじめとする動物のそれとはかなり異なる。

腐敗は人の酵素と微生物叢が遺体を分解することで始まる。このプロセスには細菌、昆虫、動物なども加わる。

また遺体が置かれている環境も腐敗に影響を与え、死臭を変える。死のニオイの解明で死体捜査が飛躍的に進む

現在、人間の本当の死のニオイを特定すべく研究が進められているが、統計的な精度に影響するこうした多岐にわたる要因があるためになかなか難しい。しかし、これを首尾よく突き止めることができれば、法医学の分野において飛躍的な進歩が望めるし、死体捜索犬の訓練もずっと楽になる。死体捜索犬は水、泥、瓦礫など捜索が困難な場所においても遺体を発見することができる。だが、常に人間の遺体が手に入るとは限らず、腐敗する豚を使用して訓練しているのが現状である。

(エキサイトニュース11月6日より抜粋)

このような日々の研究によって災害、事故、事件などで犠牲となられた方々をいち早く発見できるようになることを願うものです。

無料お見積もり、ご相談はお電話からでも承ります。
遺品整理、福祉整理、特殊清掃で分からないことを丁寧にアドバイス致します。

ウェブからのお問い合わせ