相談しにくい「遺品整理・福祉整理・特殊清掃・ゴミ屋敷」に関するお悩み、私たち「ユニコム」にお任せください!

フリーダイヤルでのお問い合わせ 0120-960-910

『ニュース社会』動物虐待死か公園に埋められた猫11匹の死骸うち2匹は子猫 

  • 7日午後3時ごろ、相模原市南区松が枝町の「松が枝公園」で、植え込みの土にネコの死骸が埋められているのを、ごみの回収に訪れた市の職員が見つけた。
  • 市によると、死骸は全部で11匹見つかり、いずれも目立った外傷はなく、2匹は子猫だったという。相模原南署は動物愛護法違反の疑いも視野に入れて調べる                                                           (朝日新聞デジタル)

昨今この様なニュースを時々新聞等で目にする様になりました。後に逮捕されるのは一部の悪徳業者(悪徳ブリーダー)の存在や多頭飼いにより飼いきれなくなり処分に困った個人の飼い主さんなどがいることが社会問題化しております。

この事件とはまた違ったケースですが猫や犬を個人で多頭飼いしておられたお年寄りが孤独死をされて、食べ物を貰えなくなったペットたちが餓死したり野良化したりすることもまれにあります此のような問題は高齢社会、ペット社会にになった現代我々が考えていかなければならない問題かもしれません。

動物の愛護及び管理に関する法律(どうぶつのあいごおよびかんりにかんするほうりつ、昭和48年10月1日法律第105号

動物の虐待等の防止について定めた法律である。略称は動物愛護法。目的は、動物虐待等の禁止により「生命尊重、友愛及び平和の情操の涵養に資する」こと(動物愛護)、動物の管理指針を定め「動物による人の生命、身体及び財産に対する侵害を防止する」こと(動物管理)である。

1999年(平成11年)12月に26年ぶりに改正し、2005年(平成17年)6月にも改正し、5年を目安に検討することを定める(平成17年法律第68号附則9条)。2013年の改正では、飼い主やペット業者の責任や義務が強化され、実物を見せないまま販売する事は禁止され、飼い主はペットが死ぬまで飼い続ける責務がある事などが盛り込まれた。

 

画像は事件とは関係ありません

img_0074

無料お見積もり、ご相談はお電話からでも承ります。
遺品整理、福祉整理、特殊清掃で分からないことを丁寧にアドバイス致します。

ウェブからのお問い合わせ