相談しにくい「遺品整理・福祉整理・特殊清掃・ゴミ屋敷」に関するお悩み、私たち「ユニコム」にお任せください!

フリーダイヤルでのお問い合わせ 0120-960-910

孤独死身近に感じる 高齢社会白書

nyu-su

政府は6月12日、2015年版「高齢社会白書」を閣議決定し公表した。

高齢社会白書とは、高齢化の状況や政府が講じた高齢社会対策の実施の状況について明らかにしているものです。

 

内閣府が65歳以上の約1500人に聞いた意識調査で、一人暮らしの高齢者に「孤独死を身近に感じる」かについて聞いたところ、「とても感じる」が14.5%「まあ感じる」が30.1%で、45%以上にのぼったことなどが盛り込まれている。

65歳以上の高齢者は、総人口に占める割合が26%となり、過去最高を更新した。

 

また、病気の時や一人ではできない日常生活に必要な作業(電球の交換や庭の手入れなど)の手伝いについて、「頼れる人がいない」と感じる人は全体の2.4%であるが、一人暮らしの男性では20%にのぼった。

要介護者等と同居している主な介護者の年齢についてみると、男女ともに60歳以上が60%を超えており、いわゆる「老老介護」のケースも相当数存在していることが分かった。

 

無料お見積もり、ご相談はお電話からでも承ります。
遺品整理、福祉整理、特殊清掃で分からないことを丁寧にアドバイス致します。

ウェブからのお問い合わせ